お酒を飲むと酔っ払い、飲みすぎると次の日に二日酔いになります。二日酔いは多くが経験していると思います。

お酒を飲んで酔っ払うのは、アルコール成分のエタノールという物質が関係しています。そして、エタノールは体の中に吸収されると、異物として認識されて分解されていきます。お酒を飲み始めると酔い始めて、朝起きると酔いが覚めているのは、夜中に酔いの原因のエタノールが分解されるからです。

エタノールが分解されて最初にできるのが「アセトアルデヒド」という物質です。このとき、アセトアルデヒドが二日酔いの原因となる物質です。

そこで、アセトアルデヒドがどのように二日酔いに関わっているかについて詳しく解説していきます。

なぜ二日酔いになるのか

お酒を飲むと酔っ払います。酔っ払うのはお酒にアルコール成分のエタノールが含まれているからです。

エタノールは体にとっては異物なので、体内に入ると人間の体はエタノールを分解して、体の中から排除しようとします。そのとき中心となって働くのが肝臓です。肝臓はエタノールに限らずさまざまな異物の分解をしています。

例えば、肝臓で分解されるものの1つに薬があります。

薬を飲むと効果が少しずつ現れますが、その効果はあるときを境に徐々に弱くなります。例えば痛み止めであれば、飲んでしばらくすると痛みが治まっていきます。しかし、時間が経つと痛みが再び出てきて、最後には薬を飲む前の状態に戻ることもあります。これは薬が肝臓で分解されることで、効果がなくなっていくからです。

エタノールも薬と同じように肝臓で分解されます。エタノールの分解の工程を以下の図で示します。

エタノールは肝臓で分解されて、まずアセトアルデヒドという物質になります。このアセトアルデヒドが二日酔いの原因物質です。

アセトアルデヒドは体にとって害がある物質です。アルコールを飲みすぎると、分解物のアセトアルデヒドの量が増えていきます。そして、アセトアルデヒドが体内に溜まることで、二日酔いの症状が現れるのです。

アセトアルデヒドは害のある物質なので、体は害がないものに分解しようとします。この分解も肝臓で行われ、アセトアルデヒドは体に対して害がない「酢酸」に変わります。酢酸は最終的に尿として体の外に出ていきます(排泄されます)。

アセトアルデヒドによって二日酔いになるメカニズム

アセトアルデヒドは肝臓で作られた後は、全身を循環します。そのため、その影響は全身に現れます。以下に代表的なものを載せます。

  • 頭痛
  • 動悸
  • 吐き気

アセトアルデヒドにはいろいろな作用があり、全身を回るとこれらの症状が現れてしまいます。続いて、これらの症状について詳しく説明していきます。

頭痛

アセトアルデヒドには血管に働きかけることで、血管を広げる作用があります。血管が広がると、血管の周りにある神経を圧迫してしまいます。その結果、痛みを感じるようになるので頭痛が起きるのです。

朝起きたとき、二日酔いによって頭が割れそうなくらいの痛みを経験したことがある人もいると思います。私の場合は、アルコール度数の高いお酒をたくさん飲むと、寝る前から頭痛に襲われることがあります。

お酒を飲んだ後の頭痛は、風邪をひいたときの頭痛と比べると明らかに異質な痛みです。このような頭痛は血管が神経を刺激してしまうことで生じる痛みです。

動悸

前述の通り、アセトアルデヒドには血管を広げる作用があります。そして血管が広がると、血圧が下がります。

このとき体の重要な働きに「体に変化が起きると、元に戻そうとして、それ以上悪化しないようにする力が働くこと」があります。この働きがあるので人間は生命を維持できています。

例えば、寒さを感じると鳥肌が立ちます。寒さを感じると体温をそれ以上下げないために体の表面の筋肉が縮みます。そして、毛穴が塞がれるので、皮膚が盛り上がって鳥肌が立つのです。

また、暑いと感じると汗をかきます。汗をかくと、汗が蒸発するときに体から熱を吸ってくれるので、体温は下がります。

これらのように、人の体は無意識のうちに体の元の状態を維持しようとする力が働きます。

アセトアルデヒドの作用で血圧が下がると、血圧を元に戻そうとして心臓の動きが活発になります。心臓は血液を全身に送り出すポンプの役目があります。心臓の動きが速くなると心拍数が増えて、動悸を感じるようになるのです。

朝起きたときに心臓の鼓動がいつもより強く、「ドクッドクッ」と動いているのを感じることはないでしょうか。これは血圧を上げるために心臓の動きが活発になり、動悸が起きているからです。

吐き気

アセトアルデヒドには毒性があります。そのため、アルコールを飲みすぎてアセトアルデヒドが体内に蓄積してしまうと、胃痛や胃もたれが生じてしまい、吐き気を感じるようになります

また、エタノール自体にも刺激があるので、エタノールによって直接胃が刺激されて胃が荒れてしまいます

例えば、病院や公共の施設の入り口などには手の消毒液が置かれています。消毒液を使うときに手や指に怪我をしていると、消毒液がしみて激痛に襲われた経験がある人は多いと思います。

これは消毒液に含まれるエタノールに刺激性があるからです。エタノールが傷口を刺激することで痛みを感じるのです。これと同じように胃を刺激することで、吐くようになるのです。

また、一気飲みをすると、少し時間が経った時に吐き気に襲われます。私も若い頃は飲み会のときは一気飲みを頻繁に行っており、しばしばトイレに駆け込んでいました。

特にアルコール度数が高いウイスキーなどをガブガブ飲むとすぐに気持ち悪くなります。これはアルコール成分のエタノールが胃を直接刺激しているためです。

アセトアルデヒドを分解する方法

ここまでの解説で、アセトアルデヒドが二日酔いにどのように関わっているかについて理解してもらえたと思います。

では二日酔いを早く改善するためにはどうしたらいいでしょうか。その対策方法は大きく分けて以下の2点になります。

  • 水分補給
  • 栄養補給

これらの対策がアセトアルデヒドの分解にどのように関わるかについて解説していきます。

水分補給

アセトアルデヒドの分解は肝臓で行われますが、一部尿としても排泄されます。そのため、尿量を増やしてアセトアルデヒドの排泄を促すためにも、水分摂取は効果的です

水分補給はお酒を飲んだ後でも、翌日の朝でも二日酔いの対策に有効です。

私の場合は、寝る前にコップ一杯のお茶を飲むようにしています。寝る前に水分を摂ることで、起きたときの脱水症状を軽くすることができます。

また、翌日の朝も脱水状態になっているので、水分を補給する必要があります。このときに注意が必要なのは、量を飲みすぎないことです。

特に、吐き気に襲われているときに大量の水分を摂取すると、その行為自体によって吐き気が悪化することがあります。二日酔いの時の水分摂取は少しずつしましょう。

栄養補給

アセトアルデヒドの分解には水が関わりますが、水以外にも必要な栄養分はたくさんあります。具体的にはビタミンB1ビタミンCアミノ酸カフェインなどです。

このようにたくさんの栄養分が働くことで、アセトアルデヒドの分解を助けています。

これらの栄養分は食事からでも摂取できますが、特に二日酔いの時は、食事があまり摂れないことも珍しくありません。私も吐き気には毎回のように悩まされます。

そのような時は、コンビニで栄養ドリンクを購入して、少しでも栄養分を摂取するようにしています。

このように、栄養剤やサプリメントから栄養分を摂取することも二日酔いの早期改善に役立ちます

また、二日酔い対策用のサプリメントも効果的です。これらの中には、ビタミンB1、ビタミンCなどが含まれていて、二日酔いの症状改善に用いられます。

これらを飲み会以外の日も継続して使用することで、体内には常にこれらの栄養素が満たされた状態になります。そのため二日酔いの原因物質の分解が効率的に行われるようになるのです。

二日酔いの原因はアセトアルデヒドではない?

ここまでアセトアルデヒドが二日酔いにどのように関わるか、また、解決方法について説明してきました。

しかし、アセトアルデヒドについては「二日酔いにあまり関与していない」という報告もあります。実際、厚生労働省のe-ネットヘルスには以下の情報が載っています。

二日酔い状態にあっても、血中にアセトアルデヒドが検出されることは稀です」と記されており、アセトアルデヒドだけでは全ての症状が説明できません。アセトアルデヒド以外の物質が二日酔いに関与している可能性も十分にあります。

そしてe-ネットヘルスでは、原因の物質の候補として、アセトアルデヒドと似た毒性がある物質の「ホルムアルデヒド」と「酒の不純物」が挙げられています。

ホルムアルデヒド

お酒に含まれるアルコール分はエタノールです。ところが、一部のお酒にはエタノールと似た物質のメタノールも含まれているものがあります。

メタノールもエタノールもアルコール成分に分類されます。

エタノールはお酒に5〜50%ほど含まれますが、メタノールは毒性が強く、ごく微量にしか含まれません。そのようなことから、含有量は商品にも表記されていません。

下にメタノールの含有量を調査した一例を示します。銘柄によって差はありますが、メタノールはブランデーなどのアルコール度数が高いお酒に多く含まれているといわれています。

引用:Chemistry of a Hangover – Alcohol and its Consequences Part 3

そして、メタノールもエタノールと同じように肝臓で分解されます。ここで、メタノールが分解されてできるのがホルムアルデヒドです

ホルムアルデヒドもアセトアルデヒドと同様に有害な物質です。ホルムアルデヒドが体に溜まると頭痛や吐き気などの二日酔い症状が現れてしまいます

酒の不純物

お酒に含まれる主な成分は水とエタノールです。しかしお酒にはそれ以外にもたくさんの成分が含まれています。

ここでは「お酒に含まれる水、エタノール以外のもの」を不純物と呼びますが、その中には二日酔いの原因となる可能性があるものがあります。ちなみに、先ほど説明したメタノールも不純物の1つです。

例えば、ワインはブドウを発酵させて作ります。したがってワインには、ブドウの皮に含まれる成分や、種に含まれる成分などが不純物として含まれています。

ワインの渋みは種に含まれる成分から滲み出るといわれており、不純物によって味や風味が決まるといっても過言ではありません。

続いて、どのお酒に不純物が多く含まれるかについて説明していきます。

お酒は大きく分けて、原料の穀物や果物を発酵させて作る醸造酒と、醸造酒を加熱・精製(この工程を蒸留という)させて作る蒸留酒に分類されます。

醸造酒にはワイン、日本酒、ビールなどがあります。一方の蒸留酒にはブランデー、ウイスキー、焼酎などが含まれます。

醸造酒と蒸留酒の大きな違いは、蒸留の行程があるので、蒸留酒の方が精製されており、不純物の量が少ないことがあります。

下に醸造酒である赤ワイン(左)と、蒸留酒であるブランデー(右)の写真を載せています。どちらも果物を原料にして作られますが、ブランデー(蒸留酒)の方が色は薄いことがわかります。

色が薄いということは水、エタノール以外のものが少なく、不純物が少ないことを意味しています。

「安いお酒は悪酔いをする」と言われたことがあると思います。これは、あながち間違いではないことがわかります。

安いお酒は手間をかけずに作っているので、その分だけ不純物が多いです。そのため、安いお酒ほど悪酔いし、二日酔いになりやすいのです

このように、アセトアルデヒド以外にも二日酔いの原因となる物質が知られています。そして、不純物の種類、量によって二日酔いの程度も異なります。したがって、二日酔いは様々な要因が複雑に絡み合って生じていると考えられています。

まとめ

ここではアセトアルデヒドが二日酔いにどのように関わるかを解説してきました。

アルコールが分解することでアセトアルデヒドができます。そして、アセトアルデヒドが全身で作用することで、頭痛、動悸、吐き気などの二日酔いの症状が現れます。

アセトアルデヒドを早く体内から除去するためには水分補給、栄養補給などが効果的で、二日酔いの症状改善の助けになります。

二日酔いのメカニズムに関する情報は色々ありますが、まだ不明点も多いです。原因もさまざまなものが複雑に関係していると考えられています。