お酒を飲みすぎた翌日の朝は「やってしまった」と思うでしょう。しかし、時間が経てば二日酔いのしんどさもなくなり、また同じようなことを繰り返してしまいます。

これを繰り返すことで徐々に精神的にしんどく辛くなってくると問題です。

お酒にはリラックスをさせる効果もありますが、逆に不安を強くする作用もあります。不安感が強くなりすぎるとうつになったり、アルコール依存になったりすることもあります。

今回は、二日酔いがメンタルにどのような影響を与えるのかについて説明していきます。

お酒を飲むと気持ちよくなるのはなぜか

お酒を飲むと酔っ払います。私の場合、お酒を飲むと普段よりテンションが高くなり、飲み会では大騒ぎをしてしまいます。

このようにお酒を飲むと気分がよくなってしまい、日頃では決してやらないような行動に出てしまうことがあります。

・理性がなくなり、本能が現れる

日常生活では本能の赴くがままに行動することはありません。それは脳の中で理性が働いているからです。理性が本能を押さえつけることで行動がある程度制御されています。

そしてアルコールには理性が本能を抑制しているのを解除する効果があります。すなわち、人間を本能のままに行動するようにしてしまうのです。「酔った勢いで」というのはまさに本能で行動してしまったものです。

やりたいと思っていることがそのままできるので、気持ちよくなり、ストレスも感じにくい状態となります。お酒を飲んでリラックスできるのはそのためです。

二日酔いでうつになる理由

お酒を飲むと気持ちよくなる人は多いでしょう。しかし、飲み方や飲むタイミングによっては、メンタルに悪い影響を与えることがあります。

続いて、二日酔いの時にうつになる原因について説明していきます。

セロトニンの量が減る

うつ症状には様々な要因が関係していますが、その中の1つに幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンがあります。

お酒の摂取量が増えると、セロトニンの原料が減ってしまい、作られるセロトニン量が減ることが知られています。セロトニンの量が減ると不安を感じるようになり、その状態が続くとうつ症状が現れるようになってしまいます。

実際の医療現場ではたくさんの種類のうつ病の薬が用いられています。その中にはセロトニンの量を増やすことでうつ病を改善するものもあります。

例えばジェイゾロフト、サインバルタ、パキシルなどの抗うつ薬は、セロトニンの量を増やすことでうつ症状に対する効果を発揮します。

睡眠のリズムが狂ってしまう

夜に寝やすくするためにお酒を飲んでいる人は多いと思います。私もお酒を飲んだ時は普段と比べて眠りにつくのが早いです。

しかし、私の場合はお酒を飲んで朝までぐっすり寝れることはごく稀で、ほとんどの場合は夜中に何回か目が覚めてしまいます。

実はお酒には睡眠のリズムを狂わせる働きがあります。

・レム睡眠とノンレム睡眠の周期の乱れ

正常な睡眠のリズムでは、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」が交互に規則正しく現れます。しかし、お酒を飲むことでこのリズムが狂ってしまいます

実際の睡眠のリズムの変化の下に示します。お酒を飲むと最初はレム睡眠が短くなり、深い眠りが増えます。一方で、時間が経つと覚醒しやすい状態になっています。

引用:アルコールを飲んでも睡眠を阻害しない2つの方法(一部改変)

このように、お酒を飲むと睡眠のリズムが狂ってしまい、夜中に目が覚めてしまいやすくなるのです。その結果、心身の疲れが取り切れなくなってしまいます。

・メラトニンの量が減ることによる睡眠リズムの乱れ

お酒を飲んでセロトニンの量が減ると、睡眠に関わる物質にも影響が現れます。

体内には睡眠のリズムを整えるメラトニンと呼ばれる物質があります。このメラトニンはセロトニンを原料に作られます。

セロトニンの量が減ると、必然的にメラトニンの量も減ってしまいます。その結果、睡眠のリズムが狂ってしまい、不眠や夜間の中途覚醒につながる可能性があります。

メラトニンの作用を強くする薬(商品名:ロゼレム)は、医療の現場で睡眠導入剤として使用されており、特に時差ボケのような睡眠のリズムが狂った状態の患者さんに効果があると言われています。

不眠が続くと、体の疲れが取り切れません。頭がもやもやした状態が続いてしまい、憂鬱な気持ちになってしまいます。

二日酔いとうつ病は症状が似ている

二日酔いになった時、私は「もう死んでしまった方が楽だ」と思うことが頻繁にあります。そのくらいしんどい吐き気や頭痛に襲われます。

そして、「なんであんなに飲んでしまったんだろう」と罪悪感を感じて、自己嫌悪に陥ります。なかなか症状が改善しないので、無気力で一日中寝てしまい、時間の無駄をしてしまうこともあります。

しかし、症状が軽減するとなんとも感じなくなります。私はこれを繰り返しています。

私は自分ではうつだと思っていないですが、周囲の人にこの話をすると「それは十分うつの状態だよ」と言われます。

そもそも二日酔いの症状はうつの症状と似ています。どちらも頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりします。

私も一度だけ本格的なうつ病になったことがあります。その時は激しい動悸や無気力に襲われました。これらの症状は二日酔いでも生じます。

このように、そもそもの原因は異なっていますが、二日酔いとうつ病の症状は似ています。したがって、二日酔いだと思っていてもうつ病になっていることもあります。

人によっては二日酔いになった時にパニック障害になる人もいます。パニック障害は動機、息切れ、呼吸困難などが主な症状なので、二日酔いと症状が似ています。

・不安感を解消するため、さらにお酒を飲んでしまう

日常生活で不安を感じるとあなたはどうしますか。私はそのことについて考えないようにします。何か対応できることがあればもちろん対策を考えますが、どうにもならないことについては放っておくようにします。

同じような場面でも、人それぞれ対応の仕方が違います。中には、「お酒を飲んで気を紛らわす」という選択をする人もいると思います。

実はこの選択は負のスパイラルにはまってしまう可能性があるので注意が必要です。

先ほど説明したように、お酒を飲むと不安が解消したり、リラックスできる効果が得られたりします。少しの不安であれば問題ありませんが、どんどん不安が強くなっているような状態ではお酒の量が増えてしまいます

また、お酒を飲むことによって得られるリラックス効果は少しずつ効き目が悪くなります。これを耐性と呼びます。耐性ができてしまうと、不安が解消されにくくなるので更に不安が強くなってしまいます。そして、同じくらいの効果を出すためにお酒の量が増えてしまいます。

このように、お酒で不安を解消しようとすると、なかなか不安が解消せずにお酒の量がどんどん増えてしまう可能性があります。

・アルコール依存に陥ってしまうこともある

お酒を飲まないと落ち着かない状態が続くと、アルコール依存に陥ってしまうこともあります。アルコール依存になるとお酒を飲まないと生活ができなくなってしまいます。

私が働いている病院にもアルコール依存で体調を崩してしまい緊急入院になった患者さんがいました。その方と実際に話してみると、会話はあまり噛み合いませんでしたし、ずっと体が震えていました。結局その方は、アルコール依存の状態がかなりひどかったので、すぐにアルコール依存症の専門の病院に移ることになりました。

このようにお酒を飲むことで不安を改善しようとすると、負のスパイラルに陥ってしまい、最終的にアルコール依存に陥ることがあるので注意が必要です。

二日酔いでうつにならないための対策

二日酔いはうつの状態と似ているので、繰り返すことでうつ病やアルコール依存になる可能性があります。そうならないためにも早いうちに対策をとる必要があります。

続いて、二日酔いの時にどうすれば早く症状が改善するか、日常生活に取り入れることでうつになりにくくする方法について説明します。

血糖値を上げるために食事を摂る

二日酔いで気持ち悪いと何も食べる気になりません。しかし、この状態を放置していても、回復するにはかなり時間がかかってしまいます。

この無気力な状態の原因の一つに低血糖があります。二日酔いの時は肝臓が糖分を作る仕事があまりできていないので、低血糖状態になっており、エネルギー不足になっています。そのまま寝ていても血糖値は上がりません。

二日酔いで朝ごはんが食べれない時に、昼になっても体がスッキリしない経験をしたことはないでしょうか。これは血糖値が上がっていないことが原因のことがあります。

そうしたとき、無理をしてでも何か食べる方が回復は早いです。

私は二日酔いの時はあえて牛丼やラーメンを食べるようにしています。気持ち悪いですが、我慢して食べ切ると、しばらくすると徐々に体が元気になっていくのを感じます。

実際は牛丼やラーメンのように重いものを食べる必要はありませんが、血糖値を上げるようなものを食べると二日酔いの症状の改善は早くなります。

リズム運動でセロトニンを増やす

幸福ホルモンのセロトニンを増やす方法は薬を飲むだけではありません。日常生活でも意外と簡単に増やすことができます。

その方法は運動です。運動といっても、同じ作業の繰り返しのリズム運動です。具体的にはウォーキング、自転車、ガムを噛むなど、一定のリズムを刻む運動(繰り返しの運動)がリズム運動です。

東邦大学の有田先生は、リズム運動をすることでセロトニンの量が増えることを実験によって証明されています。

もちろん、自転車を漕ぐことが嫌いで、漕いでいる時も苦痛しか感じないような人は意味がありません。

私の場合は趣味でランニングをしています。走り始めた直後は何も感じませんが、しばらく走っているとどんどん気持ちよくなってきます。この時にセロトニンが分泌されているのです。

自然にできるようなことを見つめることができれば、日常生活でうつ病対策ができるようになります

トリプトファンが含まれている食事やサプリメントを摂取する

セロトニンは体の中で作られますが、その原料はトリプトファンというアミノ酸です。そして厄介なのは、トリプトファンは体の中で自然に作られるわけでなく、食事やサプリメントで摂取するしか摂る方法がありません。

そこで日頃からトリプトファンが多く含まれる食事をすることで、セロトニンが作られやすい状態を維持することができます。

・食事について

トリプトファンが多く含まれる食材には大豆製品、乳製品、肉類、魚類などが知られています。このように、トリプトファンは様々な食材に含まれているので、1日3食バランスのよい食事を摂ることで自然とトリプトファンは摂取することができます

・サプリメントについて

私の近所のドラッグストアには、トリプトファンだけが含まれるサプリメントは扱っていませんでした。しかし、アミノ酸が含まれるものであれば、以下のようにトリプトファンが入っているサプリメントもあります。

また、トリプトファンだけが含まれるものも、インターネット経由で購入することができます。

引用:Kaiminオンライン

・5-HTPについて

体内でトリプトファンからセロトニンが作られますが、その時は5-HTPと呼ばれるものを経由します。

トリプトファンが5-HTPを経由してセロトニンになるのであれば、トリプトファンではなく5-HTPを摂取した方がより効率的にセロトニンが増えそうな気がします。しかし、5-HTPは医薬品の成分に分類されるので、サプリメントとして売られていません。

サプリメントとして販売できないのは日本の法律の規制に引っかかるからです。したがって、海外ではサプリメントとして販売されている国もあります。インターネットを利用して購入することは可能です。

しかし、5HTPはトリプトファンと比べる吐き気などの副作用が現れやすいので、素人が自己判断で摂取するのはリスクが大きいです。

まとめ

今回は二日酔いが精神面にどのような影響を与えるかについて説明しました。

二日酔いの時は幸福ホルモンのセロトニンが減っていたり、睡眠のリズムが狂うことによる寝不足が起きたりすることでうつに似た状態になっています。

症状が深刻になってくるとアルコール依存になることもあります。

うつ病にならないためには二日酔いの症状を早く改善させる必要があります。二日酔いの時は血糖値が下がっていて無気力な状態になっています。そのため、食事をすることで血糖値が上がり、二日酔いの回復が早まります。

また、リズム運動をすることでセロトニンの量を増やすことができます。ストレスなくできる運動を続けることが大切です。

日頃からバランスのいい食事をとったり、サプリメントでセロトニンの原料のトリプトファンを補ったりすることで、うつになりにくい体を作るようにしましょう。